猫街新聞社
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007.12.10 Mon 21:33
近所の高校のグラウンドの側に
大きなイチョウの木が
ちょっとした並木道みたく
並んでいる場所があり

この季節、その道は
イチョウの葉で真っ黄色になって
とても好きです。

そんなこんなで
ふんふんと楽しく
歩いていたんですよ。


すると足元に

なんか

毛っぽいものが。


謎の羽根1



!?


15センチくらいあります。

こんなもの見たことないです。


謎の羽根2



羽根…? みたいな

羽根ってこんな構造してるんだろうか、とか

なにかの人工物という案も浮かびましたが
芯の部分を見る限り、やはり自然のものの模様。

こんな羽根を持つ
大きな鳥が
この辺りにやってきたんだろうか…!

夢は膨らみます。

トンビはたまに来るのですが
ヤツはこんなフワフワの羽根なぞ持ってないはず…

ニワトリもこんな大きな羽じゃないし…

孔雀…?
孔雀って黒いのいるの…?


意気揚々とネットで調べること数十分。



わかりました。



ダチョウの羽根です。



「ダチョウ 羽根」とかで検索かけると色々出てきますが
ハタキや装飾によく使われるそうです。
たぶんその辺のものから
ホロリとひとつ落ちてしまったのではないかという
結論に…

夢は少々しぼみます…


ダチョウの羽根の飾りは あれです
リオのカーニバルのおねーさんがつけてるあれもそうです。
あれはダチョウの羽根だったのかー と
無駄知識を身につけられたので よしとします。(?)


いやー しかし
ちょっと楽しかったです。

こーんなこーんな 大きな鳥が と
モフーと空想した妙な物体は
たまにこの辺りの空を飛んでいそうです。


謎の鳥
2007.12.11 13:01 | URL | もとむら | 編集
2007.12.11 21:20 | URL | 水谷 | 編集
2007.12.11 23:57 | | | 編集
2007.12.12 01:19 | URL | 水谷 | 編集
2007.12.13 20:52 | URL | ごんべい | 編集
2007.12.19 23:57 | URL | 水谷 | 編集
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://necomati.blog75.fc2.com/tb.php/38-45a3045d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。