猫街新聞社
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2007.09.18 Tue 00:24


事件が発生いたしました…


鞄を… 盗まれました…



続きは折りこみます…




水谷です。こんばんわ。





置き引き、というやつらしいです。
座っていた横においていた鞄を
すっと持ってゆかれました。

慌てて追いかけたのですが
車通りの多い道路に阻まれまして
逃げられてしまいました…

いろいろ入っていたんですが
漫画のネタが、2年分詰まったネタ帳も
一緒に連れてかれてしまい

そのほか、被害届けには載らないですが
思い出のものがたくさん入っていまして
私だけのものでなくて
誰かと一緒の思い出のものばかりで
そう考えるととてもたくさんのものを
一度に失くしてしまったようで

ぽっかり なって います…

とても、現実がうすいです。
遠くて、ぼんやりしています。
ふとしたときに、とても
何も考えてない時間が
経っていていることがあり

意外に元気なんですが
意外にへこんでいます。



ひょう!


財布の中身も通帳もいいので
免許証も、試験場遠いけど頑張って再発行しにゆくよ。
なのでどうか
どうかお願いです。
他は全部帰ってきますように…。





暑かったり寒かったりで
急に風邪っぽいです。いけません。
ぼんやりしているといろいろと負けそうになるので
しゃかりきに参りたいところです。

とあああああ

そんなに脆くも弱くもないんじゃああああ

ちょわああああああ(気合)





お話を考えてきます。

おやすみなさい。




2007.09.18 18:36 | | | 編集
2007.09.18 19:02 | | | 編集
>Yさん
 お返事にお返事ありがとうございます。
 「書き手と読み手のすれ違いは、とても益になるもの」という言葉に
 なんというか、はっとなりました。知っている、分かっていると思っていた事だったのですが。
 少しゆっくりと、自分の中であたためて、考えてみたいです。

 ご本の紹介、ありがとうございました!
 素敵な…実に、私的に大好きな表紙に惹かれアマゾンさんの「なかみ検索」とやらで少し読ませていただいたりしました… が! 気になりすぎますのでちゃんと全部読みたいです(笑)本屋さんに探しにゆきます~!
 冒頭のあの部分では、仰るとおり時間軸が不思議にふわふわしていました。全体的にこのような具合なのでしょうか(どきどき)楽しみです。お話を読む(見る、聞く)という事は、そのはじめから終わりまでに、莫大な可能性からひとつの完結を切り取る作業だと思っている節がありますので、こういった始まり方、大好きです!
 
 鞄のことも、ありがとうございます^^
 本当に見つかればいいのですが…
 日に日にへこんだりしないよう、新しいものを作ることに一生懸命になろうと思います。
 書き込みありがとうございました^^
 素敵な出会いに感謝です!またどうぞ遊びにいらしてくださいませ~!


 >Kさん
 優しいお言葉ありがとうございます^^
 おかげさまで、思い出すたびぐるぐるしてしまう暗い気持ちが
 徐々にうすくなってきています。ありがたいことです。
 今まで、「こんな幸運あっていいんだろうか」と
 何度も思ったことがあるので、大丈夫です
 めぐりめぐってそういうこともあるんだと、しっかりしたいと思います。
 でも、鞄をぽいと隣に放ったりはもうしません…!(笑)

 念じてくださってありがとうです!
 ほんとに見つかりますようにいいい!
 書き込みありがとうございましたー!
 またどうぞ遊びにいらしてください^^
2007.09.19 18:50 | URL | 水谷 | 編集
2007.09.19 21:40 | URL | 井上 | 編集
2007.09.21 20:04 | | | 編集
>井上さん
こんばんわです!はい、少々大変でした…
帰ってくるといいのですが、悶々悩んでいても仕方がないので
忘れた頃に戻ってくると思って、今は気にしないようにします^^
呪い、ありがとうです(笑)でも人を呪わば穴二つと申しますので!念で是非!(笑)
書き込みありがとうございました~~!

>Wさん
まず、はじめに。
お手紙、本当にありがとうございました。
何度も何度も読み返しています。一生の宝物です。
ここには書ききれませんので、あとはお返事に…!

Wさんもお父様もそうなのですか…
警察のひとも、帰ってくる可能性はありますと仰っていたので
希望は捨てず、でも気を楽に考えておこうと思います^^
優しいお言葉ありがとうございます。

赤ずきんも読んでくださってありがとうございます!
ええ、もう、本当に、放り投げた!というか
出せる情報を最低限にした、というか、むしろ情報が足りないというか…いつもとは違う方法で、物語を描いてみました。
この足りない部分が、読んだ方の想像で、どんな風に補われるのか、どんな可能性を考えていただけるのか、そればかり考えながら作画していました。なので、くるくると(^^)考えていただけて嬉しいです。
なにか暗い末路を想像させる終わりでしたので「ダーク」と表記しましたが、真っ暗闇というわけでもなかったので…そんな風に感じていただけてほっとしました。淡々と静かで暗めですが、淡くても光を感じていただけてよかったです^^
書き込みありがとうございました!
2007.09.21 23:43 | URL | 水谷 | 編集
  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://necomati.blog75.fc2.com/tb.php/31-36450db2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。